【回答期限の延長:12/14(金)まで】第3回大規模アンケート「科学技術系専門職の男女共同参画実態調査」のお知らせ

本学会を含む計71学会が加盟しております男女共同参画学協会連絡会では、研究者・技術者を取り巻く現状を把握するために、第3回大規模アンケートを実施致します。連絡会では、これまで2003年、2007年の2回にわたり大規模アンケート調査を行い、それぞれ約2万人の回答を得ました。それらの調査結果は女性研究者・技術者が直面する様々な問題点を議論する上での統計的根拠として、現在も様々な場面で引用されております。また、それに基づいて作成した提言は、国の政策決定に反映されており、実際に男女共同参画に関する様々な支援策が講じられてまいりました。このようなアンケート調査を継続して実施することは、男女共同参画の実情やその認識の変化を明らかにし、実施されている政府事業の効果を検証し、さらに新たな課題を見出す上で大変重要と考えております。

アンケート回答URL、https://wss2.5star.jp/survey/index/n3dd5zyv/4134/にアクセスしていただき、ご回答下さい。
アンケート回答期間は平成24年11月1日(木)〜11月30日(金)です。12月14日まで延長しました。
詳細は男女共同参画学協会連絡会HP、
http://annex.jsap.or.jp/renrakukai/enquete.html
をご覧下さい。

回答にご協力いただけますようどうぞよろしくお願いいたします。

日本神経科学学会・男女共同参画委員会

The 3rd Large-Scale Survey organized by the Japan Inter-Society Liaison Association Committee for Promoting Equal Participation of Men and Women in Science and Engineering

The Japan Inter-Society Liaison Association Committee, in conjunction with the Gender Equality Committee of the Japan Neuroscience Society, will conduct the 3rd Large-Scale Survey of the current situation in regard to researchers and engineers. The 1st and the 2nd Large-Scale Surveys were conducted in 2003 and 2007, respectively, and about twenty thousand people answered each of the surveys. The results have been used as the statistical base for discussion of the various issues facing female researchers and engineers. Based on these surveys and discussions, a number of proposals have been reflected in government policies, and hence various measures have been taken to promote the equal participation of men and women. In order to assess the effectiveness of the measures conducted, it will be very important to conduct this survey repeatedly, clarify any changes in the current situation and views regarding this issue, and reveal new problems.

The Survey will be conducted in Japanese. The URL for answer is as follows. https://wss2.5star.jp/survey/index/n3dd5zyv/4134/
Distribution of the 3rd survey is scheduled for November 2012.Extended until December 14, 2012.
Your reply would be very much appreciated.

The Gender Equality Committee of the Japan Neuroscience Society