日本神経科学学会サテライト・イブニング企画
「男女共同参画の推進にむけて」

日 時 平成28年7月20日(水)18:30-20:30 (講演は19:10より)
会 場 パシフィコ横浜 315(K会場)

男女共同参画委員会は、男女共同参画推進に向けてのイブニング・セミナーを企画しています。米国コロンビア大学、Carol Ann Mason教授と東北大学、大隅典子教授を講師としてお招きしています。Mason教授は神経発生学、細胞生物学分野の著名な女性研究者であるのみならず、2013-2014年に北米神経科学学会会長を務められ、男女共同参画の推進にも貢献されています。また、大隅教授は本学会における男女共同参画推進の草分け的存在です。この企画では、お二人にご講演いただくとともに、カジュアルな夕食を楽しみながら交流を深める場を提供します。
どうぞ気軽にお立ち寄りください。
男女問わず、多くの方のご参加を歓迎します。

講演者

Carol Ann Mason教授(米国コロンビア大学)
講演タイトル:Challenges, resources and what we can do together

大隅 典子教授 (東北大学大学院 医学研究科)
講演タイトル:Why there aren’t more women in science, and why it matters

申込方法

以下の必要事項をメールにお書きのうえ、申込先までお送りください。

参加費 無料(託児室を18:00-21:00まで無料でご利用頂けます)
定員 50名(定員になり次第、締め切ります)
申込締切 2016年7月15日(金)
申込先 第39回日本神経科学大会事務局 neurosci2016@jtbcom.co.jp

<記入事項>
 氏名
 所属
 連絡先(メールアドレス)

 *託児室をご利用される方は下記のフォームによりご予約ください。

  1. お子様の氏名、ふりがな、年齢、性別
  2. アレルギーなど保育上の注意点、特記事項等

オーガナイザー
大隅 典子(東北大学)
持田 澄子(東京医科大学)
吉村 由美子(生理学研究所)

参加予定者
大木 紫(杏林大学)
上川内 あづさ(名古屋大学)
杉山 清佳(新潟大学)
宋 文杰(熊本大学)
竹内 秀明(岡山大学)
富永 真琴(岡崎統合バイオサイエンスセンター)
西 真弓(奈良県立医大学)
宮田 麻理子(東京女子医大学)

企画に関するお問い合わせ
生理学研究所
吉村由美子: yumikoy@nips.ac.jp

協賛 (50音順)

  • 株式会社Otobe
  • ショーシンEM株式会社
  • 株式会社ニコンインステック
  • 株式会社フィジオテック
  • ポーラ化成工業株式会社
  • ヤクルト本社中央研究所

大会HP
http://www.neuroscience2016.jnss.org/gender.html