2017年日本神経科学学会奨励賞募集のお知らせ 終了

2017年の募集は終了いたしました。

2017 年の日本神経科学学会奨励賞への応募を受け付けています。
この奨励賞は学位取得後原則10 年以内の若手研究者を対象として、将来本学会で活躍することが期待される若手研究者を奨励することを目的としています(妊娠・育児のために、研究活動を中断した期間がある場合は、考慮いたします)。

奨励賞は個々の論文を対象とするものではなく、申請者の研究実績、研究構想と発展性を評価して選考します。論文数の出やすい分野に偏ることなく、幅広い分野から若手の研究者を奨励しています。応募締め切り日において「通算」3 年以上の会員歴を持つことが応募資格要件に含まれる点にご注意下さい(奨励賞規定2)。また書類審査で選ばれた受賞候補者には、受賞研究内容を議論する総説をNeuroscience Research誌へ投稿いただき(2017年3月31日提出〆切を予定)、奨励賞選考委員会が投稿原稿を確認したのち、最終的な受賞者を決定します(奨励賞規定5)。投稿された総説原稿は、Neuroscience Research誌編集部の査読により同誌への掲載可否が判断されます。

奨励賞規定をご参照の上、多数の方々がご応募下さることを期待しています。

以下の1)- 3)の書類各10 部を神経科学学会奨励賞選考委員会(〒113-0033 東京都文京区本郷7 丁目2-2 本郷ビル9F 日本神経科学学会)までお送り下さい。

 1)所定の様式による日本神経科学学会奨励賞申請書(カラー印刷、図入りも可)
 2)履歴書(妊娠・育児のために研究活動を中断した期間がある場合は、記入することができます)
 3)申請課題に関連した論文(3 編以内)の別刷(印刷中の論文については原稿の写し、
電子ジャーナルの場合は印刷したもの)

応募締め切り日:2016 年10 月1 日(必着)
(出された申請書は返却いたしませんのであらかじめご了承ください。)

日本神経科学学会奨励賞規定  
日本神経科学学会奨励賞申請書(MS WORD)
これまでの受賞者一覧