第5回 生命理工国際シンポジウム
” Sense, Sensor, Sensation”

主催:東京工業大学 生命理工学院
   東京工業大学 情報生命博士教育院
会期:2017年1月11日(水)13:00〜18:30.
会場:東京工業大学 すずかけ台キャンパス すずかけホール
交通:東急田園都市線すずかけ台駅徒歩5分
参加費:無料
ホームページ:http://www.bio.titech.ac.jp/event/bbis/index.html
講演者:
(招待講演)  Thomas Clandinin 博士(スタンフォード大学・アメリカ)【ハエ・視覚】
Paul Feinstein 博士 (ハンターカレッジ・アメリカ)【マウス・嗅覚】
宮脇 敦史 博士(理研・BSI)【分子蛍光センサー】
都甲 潔 博士(九大)【人工味覚センサー】
吉原 良浩 博士(理研・BSI)【ゼブラフィッシュ・嗅覚】
(本学演者)  上田 宏 博士(東工大・生命)【抗体センサー】
中本 高道 博士 (東工大・工)【嗅覚ディスプレイ】

今回、第5回目となる生命理工国際シンポジウムでは“Sense, Sensor, Sensation”というテーマのもと、2名の国外招待講演者、3名の国内招待講演者、そして2名の学内講演者に、基礎科学的な嗅覚・視覚などの感覚神経系研究から生命科学に立脚した分子検知技術、さらには人工味覚・嗅覚センサーを用いた技術開発に至るまで、多様な切り口で本テーマに関する最先端の研究をご紹介いただきます。多くの方々のご来場をお待ちしております。