東京女子医科大学 生理学(第一)講座 神経生理学分野 
助教または特任助教公募

  • 職種 助教または特任助教
  • 分野 医歯薬系 生物系
  • 着任時期 平成29年5月1日以降(応相談)
  • 概要
    当講座では中枢神経系の発達期シナプス除去、神経因性疼痛や自閉症の神経回路基盤の研究を行っています。さらにそれに関わる分子メカニズムについても研究しています。この度、これらの研究を発展させるため、特任助教または助教を1名公募します。
    当講座の研究内容に興味をもち、教室員と協力して積極的に研究を進めていただける人を歓迎します。また、特任助教・助教として医学部の生理学教育の一部を担当していただきます。
  • 業務内容:
    (1) 脳スライス標本を用いた電気生理学的解析
    (2) 分子生物学、形態学、イメージング・オプトジェネティックスによる回路機能解析
    (3) 主として学部学生の生理学の実習および教育

    研究の詳細は http://www.twmu.ac.jp/Basic/physiol1/ を参照

  • 勤務地住所等
    〒162-8666東京都新宿区河田町8−1
    東京女子医科大学医学部 生理学(第一)講座
  • 募集人員
    1名
  • 着任時期
    できるだけ早く着任希望(応相談)
  • 応募資格
    (1) 神経系の研究の経験のある方で、博士号取得・取得見込みの方。
    あるいは修士号を持つ方で十分な研究経験を有し、意欲のある方
    (助教職をしながら博士号の取得をめざすこともできます)。
    (2) スライス電気生理、分子生物学、形態学、イメージング、in vivo 電気生理実などの経験が
    あり、スライスの電気生理実験、イメージングやオプトジェネティックスなどの実験に意欲の
    ある方(未経験の場合は、こちらで一から指導いたします)
    (3) 教室員と協調性をもって研究・教育を推進していただける方。教育経験は不問です。
    (4) ただし、他分野の方でも新たにチャレンジする意欲のある場合は応相談。
  • 応募書類(様式任意)
    (1) 履歴書(写真貼付け)
    (2) 業績目録(原著論文、総説等を記載;著者名、論文題名、雑誌名、年、巻号、ページ等を記載)
    (3) 今までの研究・教育に関しての経験や実績の内容(書式自由、教育経験がなくても可)
    (4) 志望理由(書式自由)
    (5) 候補者の評価を行うことができる指導者(または研究者)とその連絡先一覧

    応募書類はメールまたは郵便でお送りください。郵便の場合は「応募書類在中」と朱書きしてください。

  • 待遇
    (1) 身分 学校法人 東京女子医科大学 医学部 特任助教もしくは助教
    (2) 任期 特任助教は採用から4年
    助教は採用から5年(成果により更新可能)
    (3) 給与 基本給、賞与、通勤手当、住宅手当 その他 
    (4) 保険 社会保険完備
    (5) 勤務時間 東京女子医科大学の規定による。

  • 選考内容(選考方法、採否の決定)、結果通知方法

    書類選考の上、候補者と面談し決定します。結果はメールで連絡しますので、メールアドレスを記載のこと。提出いただいた書類は本選考以外の目的では使用いたしません。応募書類は返却いたしません。
  • 連絡先(担当者所属、役職、氏名、e-mail、電話番号)
    〒162-8666東京都新宿区河田町8−1
    東京女子医科大学医学部生理学(第一)講座
    教授 講座主任 宮田麻理子
    メール:mmiyata@twmu.ac.jp
    TEL:03-3353-8111 (内線 22321)
  • 応募締切日
    平成29年6月30日(火)必着(適任者が見つかり次第、応募終了)
    書類選考の上、候補者と面談し決定します。
  • 問合せ・応募書類提出先
    〒162-8666東京都新宿区河田町8−1
    東京女子医科大学医学部生理学(第一)講座
    教授 講座主任 宮田麻理子
    メール:mmiyata@twmu.ac.jp
    TEL:03-3353-8111 (内線 22321)