第47回(2017)新潟神経学夏期セミナー
~脳と心の基礎科学から臨床まで最前線の研究者、臨床家に触れて体感しよう~

期日:7月27日(木)~7月29日(土)
場所:新潟大学脳研究所 統合脳機能研究センター(6F)セミナーホール
主催:新潟大学脳研究所 新潟脳神経研究会

- プログラム -

7月27日(木)見学・体験実習コース (共同利用・共同研究拠点プログラム*)
①基礎神経科学履修コース:
 A. 脳活動の光学的イメージング(7/27のみ)(3~6名)
 B. 遺伝子改変動物作製の実際(7/26~27)(4名)
 C. 神経細胞の培養と遺伝子導入(7/27のみ)(6名)
②脳研レジデント(臨床)体験コース:(7/27のみ)(10~20名)
 脳外科, 神経内科, 病理(Brain Cutting, CPC), 3T-MRIなど脳研の臨床を一日で体験できるコース

7月28日(金)セミナー :脳コネクトームの最先端
10:00~11:00 組織透明化技術と脳コネクトーム 田井中一貴(新潟大・脳研)
11:00~12:00 障害によるコネクトームの再編 上野将紀  (新潟大・脳研)
13:00~14:00 ショウジョウバエのコネクトーム 伊藤 啓   (東大・分生研)
14:00~15:00 ドーパミン/セロトニン神経のコネクトーム 小川幸恵  (Texas大;UTSW)

15:00~16:00 特別講演:遺伝子改変動物による脳機能解析 﨑村建司 (新潟大・脳研)

16:00~    ポスター発表(脳研究所の研究紹介)
18:00~    懇親会 (講師・研究者,臨床家と語ろう!)

7月29日(土)セミナー :神経疾患の遺伝子治療
09:30~09:35 Opening 金澤雅人 (新潟大・脳研)
09:35~10:05 ALS病態モデルとその応用展開 須貝章弘 (新潟大・脳研)
10:05~10:50 神経筋疾患に対する核酸医薬開発 青木吉嗣 (NCNP・神経研)
10:50~11:35 「福山型」筋ジスの新知見とアンチセンス治療 戸田達史 (神戸大・医)
11:45~12:30 先天性神経疾患を標的とした創薬 萩原正敏 (京大・医)
12:30~13:15 AAVベクターによる遺伝子治療 村松慎一 (自治医大)

14:00~15:00 特別講演:脳腫瘍におけるGTP代謝リプログラムと 佐々木敦朗 (Cincinnati大)
            新たな治療戦略   (日本学術振興会平成29年度外国人招へい研究者)
―――――――――――――
*共同利用・共同研究拠点プログラム(旅費支給あり)に応募される方は下記HPをご覧ください。
申込み:氏名,所属,連絡先,1日目の希望コース(希望者のみ)を以下までお知らせください。
951-8585 新潟市中央区旭町通1-757 新潟大学脳研究所 神経学夏期セミナー事務局・佐藤
TEL: 025-227-0606; FAX: 025-227-0814; E-mail: blib@bri.niigata-u.ac.jp;
URL: http://www.bri.niigata-u.ac.jp
受講料(懇親会費無料): 学生・修士課程院生 無料;その他(含む博士課程院生)1,000円
本セミナーは日本脳神経外科学会生涯教育クレジット、日本神経学会認定医更新取得単位の対象です。