第32回日本大脳基底核研究会のお知らせ

研究会名称:第32回日本大脳基底核研究会(JBAGS2017)
日時:2017年7月1日(土)~2日(日)
場所:三河湾リゾートリンクス(愛知県西尾市吉良町)
参加方法:http://www.nips.ac.jp/jbags/ から登録
参加費(宿泊費・食事込み ):20,000円(学生割引有)
参加登録期間:2017年6月16日(金)まで
演題登録期間:2017年5月26日(金)まで
研究会の目的:大脳基底核の基礎と臨床に関する研究発表、討論
研究会URL:http://www.nips.ac.jp/jbags/
問い合わせ先:jbags2017@nips.ac.jp

James Parkinsonが、後にパーキンソン病と呼ばれるShaking Palsyを記載したモノグラフを出版してから、今年は200周年にあたります。本会も「パーキンソン病の200年:これからの大脳基底核研究を考える」をテーマにプログラムを構成しました。とくにパーキンソン病の臨床研究で世界的に著名なJose A. Obeso教授(HM CINAC, スペイン;Movement Disorders誌editor)と水野美邦教授(順天堂大学)に特別講演を御願いしました。また、計算論の面から銅谷賢治教授(沖縄科学技術大学院大学)による教育講演、ならびに大脳基底核のこれからの基礎研究と、大脳基底核疾患のこれからの治療戦略を考えるシンポジウムも企画しました。
さらに例年のように一般演題、ビデオセッションの募集も行います。
多数のご来訪とご発表をお待ちしております。