第1回ヒト脳イメージング研究会開催のご案内

第1回ヒト脳イメージング研究会を下記の要領で開催いたしますので、ご案内申しあげます。

本研究会は、MRI、PET、MEG等のイメージング手法を用いてヒトの脳の構造、機能、分子機構の解明を目指した研究者が集まり、研究に関する議論、若手人材育成、学際的研究者交流を促すことを目的として開催することになりました。本研究会では、基礎神経科学分野におけるヒト脳ニューロイメージング研究者が中心となり、数理工学、情報学、工学、物理学の研究者と革新的な計測・解析手法の開発を目指した交流、社会学、心理学、臨床医学の研究者と学際的脳イメージング研究の広がりを目指した交流を推進していきます。

日時:平成29年9月1日(金) 〜2日(土)
場所:玉川大学University Concert Hall2016 Marble他(東京都町田市)
参加方法:http://www.nips.ac.jp/fmritms/kenkyukai/information/2017/05/h290901.html
     から登録
参加費:一般5,000円 学生2,000円
参加・演題登録締め切り:平成29年7月31日(月)まで

プログラム:
1)特別講演 
「ヒト脳イメージング研究ー国際競争と国際連携の中で期待すること」
岡部繁男(東京大学大学院医学研究科)

2)教育講演 
①「ヒト・霊長類動物脳コネクトームとパイプライン」
林拓也(理化学研究所CLST)
②「脳イメージングデータ解析のAIの応用と脳機能から学ぶAIの開発」
石井 信(京都大学大学院情報学研究科)

3)シンポジウム 
①「ヒト脳イメージングと動物イメージングの連携」
「コモンマーモセットMRI研究からヒトへ」
畑 純一(理化学研究所BSI)
「小動物用超高磁場MRIの活用」
吉岡芳親(大阪大学先導的学際研究機構)
「モデル動物と人をつなぐ精神神経疾患イメージング研究」
樋口真人(量子科学技術研究開発機構放射線医学総合研究所)
「動物・ヒトイメージングによる神経可塑性研究」
花川 隆(国立精神・神経医療研究センター)
②「ヒト脳イメージング研究の最前線」
「超高磁場MRIによる脳機能理解」
福永雅喜(自然科学研究機構生理学研究所)
「MRSを用いた非侵襲的脳内代謝物による機能評価」
原田雅史(徳島大学大学院医歯薬学研究部)
「複数データ統合によるヒト脳ネットワークダイナミクスの可視化 (仮)」
山下宙人(国際電気通信基礎技術研究所脳情報解析研究所)
「拡散強調MRIによる白質線維束の研究」
竹村浩昌(情報通信研究機構脳情報通信融合研究センター)

4)meet the experts
若手研究者が持つ日頃の研究(実験デザインや解析法など)に関する疑問や進路に関する悩みなど
の相談に、この分野の様々なエキスパートが答えます。

実行委員:委員長 松田哲也(玉川大学脳科学研究所)
定藤規弘(自然科学研究機構生理学研究所)
高橋英彦(京都大学大学院医学研究科精神医学)
竹村浩昌(情報通信研究機構 脳情報通信融合研究センター)
花川隆(国立精神神経医療研究センター)
林拓也(理化学研究所CLST)
松元健二(玉川大学脳科学研究所)

お問合せ:ヒト脳イメージング研究会事務局
玉川大学脳科学研究所松田研究室内
194-8610 東京都町田市玉川学園6−1−1
TEL 042-739-8265
Email humanneuroimaging@gmail.com