カリフォルニア大学アーバイン校医学部・五十嵐研究室 博士研究員募集のお知らせ

カリフォルニア大学アーバイン校医学部 神経科学・解剖学科の五十嵐啓 研究室では、新しいグラント取得に伴いポスドクを1-2名募集します。
私たちの研究室では、(1)海場、嗅内皮質(Entorhinal cortex)と嗅皮質(olfactory cortex)での細胞のスパイク活動と脳オシレーション活動がどのように感覚情報を記憶として貯蔵しているのか、(2)海場・嗅内皮質の脳オシレーション活動や場所細胞・グリッド細胞がどのようにアルツハイマー病で変化するかというテーマに焦点を絞り研究を行っています。
行動中の動物の記憶領域(海場・嗅内皮質)からの電気生理にはこれまで伝統的にラットが主として用いられてきましたが、私たちの研究室では行動中マウスの海場、嗅内皮質からの電気生理記録法を開始し、光遺伝学と組み合わせたop-tetrode recording法を用いて細胞種特異的記録と、神経細胞の活動改変実験を進めています。これらのプロジェクトはJSTさきがけ「光操作」領域, Whitehall Foundation, Brain Research Foundation, Alzheimer’s Associationのサポートを得ています。
研究室の詳細は http://goo.gl/KSAJvf をご覧下さい。

【主要文献】

1. Coordination of entorhinal-hippocampal ensemble activity during associative learning.
Igarashi KM*, Lu L, Colgin LL, Moser MB, Moser EI*
Nature, 510:143-7 (2014)

2. Topography of Place Maps along the CA3-to-CA2 Axis of the Hippocampus.
Lu L, Igarashi KM, Witter MP, Moser EI, Moser MB
Neuron. 87:1078-92 (2015)

3. Plasticity in oscillatory coupling between hippocampus and cortex.
Igarashi KM
Curr Opin Neurobiol. 35:163-168 (2015)

4. Impaired In Vivo Gamma Oscillations in the Medial Entorhinal Cortex of Knock-in Alzheimer Model
Nakazono T, Lam TN, Patel AY, Kitazawa M, Saito T, Saido TC, Igarashi KM (2017)
Front Syst Neurosci, 11:48

【応募資格】
神経科学分野で博士取得、もしくは取得見込みで、一報以上の筆頭著者論文を持つ方。In vivoまたはin vitroの電気生理学の技術・実績を持つ方を希望しますが、分子生物学・optical imaging等のバックグランドを持ち、電気生理学を習得したい方も受け入れます(その場合は懇切な指導を行います)。主要誌に論文を複数発表しPIとして独立する意欲のある方を希望します。

【待遇】
カリフォルニア大学のポスドク給与規定によります。一年ごとの契約ですが、プロジェクトの進度に応じて更新可能です。

【採用時期】
なるべく早い時期を希望しますが、交渉可能です。留学にはビザ申請などの手続きもあり、数ヶ月の準備期間がかかることに留意してください。

【応募方法】
1. これまでの研究の概要、今後の研究の目標と将来のゴールを記したカバーレター(A4 1-2枚)
2. CV
3. コンタクト可能な推薦者三名の名前と連絡先
以上を一つのPDFファイルにして kei.igarashi@uci.edu までお送り下さい。五十嵐は2017年のSfN meetingに参加しますので、会って話をすることも可能です。

【問い合わせ】
五十嵐 啓 (Kei Igarashi, Ph.D.)
Assistant Professor
Department of Anatomy and Neurobiology
Center for the Neurobiology of Learning and Memory
University of California, Irvine

kei.igarashi@uci.edu
www.igarashilab.org