遺伝研研究会 哺乳類脳の機能的神経回路の構築メカニズム
参加者、ポスター発表者、口演希望者 募集のお知らせ

日時: 2017年12月4日(月)~ 5日(火)

開催場所:国立遺伝学研究所(静岡県三島市)

世話人:岩里琢治(遺伝研)、山本亘彦(阪大)、河崎洋志(金沢大)、田川義晃(鹿大)

研究会の趣旨
脳の神経回路構築と機能に興味をもつ第一線の研究者と若手研究者、学生が一堂に会し、少人数で密接に議論する中で、機能的な回路構築メカニズムに関する理解を深めるとともに、次世代の若手研究者の育成を行う。その目的のために一カ所(錦昌館:三島市)に泊まり込むリトリート形式で行う。また、ポスター発表(希望者全員)と口頭発表(希望者の中から選抜)の機会を設ける。

「新しい技術で分野を切り拓く」をテーマに以下の方々が講演されます。当該分野に興味をもつ研究者とともに、大学院生、若手研究者の積極的な参加を期待します。一部だけの参加も可能です。

講演予定者
今井猛(九州大)
上阪直史(東京大)
奥野浩行(京都大)
小坂田文隆(名古屋大)
北西卓磨(大阪市立大)
根東覚(東京大学)
新明洋平(金沢大)
林朗子(群馬大)
平田たつみ(遺伝研)
水野秀信(遺伝研)
三好悟一(東京女子医大)

プログラム(暫定)
12月4日:
12:30–13:25 受付
13:25–13:30 開会
13:30–16:15 オーラル(150分講演+15分休憩)
16:15–18:00 ポスターセッション
19:00–夜中  夕食+討論会(錦昌館:三島市)

12月5日:
〜9:00 ポスターセッション
9:00–11:45 オーラル(150分+15分休憩)
11:45–13:00 昼食(遺伝研食堂)+ポスターセッション
13:00–14:30 オーラル(90分)
14:30–14:40 閉会

使用言語: 英語
参加申込期日:10月16日〜11月8日
申込の詳細は以下をご覧ください。
https://www.nig.ac.jp/nig/ja/research/nig-meetings?id=922

問い合わせ先
鹿児島大学医歯学総合研究科神経筋生理学分野 田川義晃
E-mail: tagawa(at)m.kufm.kagoshima-u.ac.jp
    (at) を@に変えてください

Circuit construction in the mammalian brain
Date: Dec. 4 (Mon) – 5 (Tue), 2017
Place: Lecture Hall (2F), National Institute of Genetics, Mishima, Japan
Sponsors: National Institute of Genetics
Language: English
https://www.nig.ac.jp/nig/ja/research/nig-meetings?id=922

Speakers (Confirmed)
Takeshi Imai (Kyushu University)
Naofumi Uesaka (University of Tokyo)
Hiroyuki Okuno (Kyoto University)
Fumitaka Osakada (Nagoya University)
Takuma Kitanishi (Osaka City University)
Satoru Kondo (University of Tokyo)
Yohei Shinmyo (Kanazawa University)
Akiko Hayashi (Gunma University)
Tatsumi Hirata (National Institute of Genetics)
Hidenobu Mizuno (National Institute of Genetics)
Goichi Miyoshi (Tokyo Women’s Medical University)

Tentative schedule
December 4th 

12:20-13:25   Registration:
13:25-13:30   Talks
13:30-15:00   Talks
15:00-15:15   Coffee break
15:15-16:15   Talks
16:15-18:00   Poster session
19:00-      Dinner, Discussion (@Kinshokan)

December 5th

9:00-10:30   Talks
10:30-10:45   Coffee Break
10:45-11:45   Talks
11:45-13:00   Lunch (& Poster)
13:00-14:30   Talks
14:30-14:40   Concluding remarks