公開シンポジウム「トランスカルチャー状況下における顔身体学の構築(第2回)開催」

日時:2017年12月2日(土)14:00-18:00
会場:東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所(AA研)303号室
参加登録および参加費:不要

科学研究費補助金事業「新学術領域研究(研究領域提案型)」「トランスカルチャー状況下における顔身体学の構築-多文化をつなぐ顔と身体表現」、基幹研究「アジア・アフリカにおけるハザードに対処する『在来知』の可能性の探求-人類学におけるミクロ-マクロ系の連関2」共催 

プログラム
14:00-14:10 床呂郁哉(AA研)趣旨説明
14:10-14:40 山口真美(中央大学文学部)「多文化をつなぐ顔と身体表現」
14:40-15:10 渡邊克巳(早稲田大学理工学術院)「潜在的な顔身体コミュニケーションと個人差」
15:10-15:20 休憩

15:20-15:50 高橋康介(中京大学心理学部)・島田将喜(帝京科学大学生命環境学部)・大石高典(東京外国語大学現代アフリカ地域研究センター)・錢琨(九州大学持続可能な社会のための決断科学センター)「続・顔と身体表現の多文化比較フィールド実験研究」
15:50-16:20 田中みわ子(東日本国際大学健康福祉学部)「身体表現にみる眼差しのダイナミクス―障害をめぐる文化的差異に着目して」
16:20-16:50 小手川正二郎(國學院大学文学部)・國領佳樹(立教大学文学部)「顔身体の現象学―概要と展望」
16:50-17:00 休憩
17:00-18:00 総合討議

<本公開シンポジウムに関するお問い合わせ先>
AA研担当事務局 infokj@tufs.ac.jp

<新学術領域「顔身体学」に関するお問い合わせ先>
顔身体学事務局: contact@kao-shintai.jp
領域サイト: http://kao-shintai.jp