岡山大学理学部附属臨海実験所特別契約職員(常勤助教)の公募について

平成30年4月9日

各関係機関の長  殿

岡山大学理学部長
吉野 雄二 

教員の公募について(依頼)

拝啓 時下ますます御清祥のこととお慶び申し上げます。
さて,このたび本学部におきましては,下記の要領により任期付き教員を公募いたします。つきましては,貴関係者への周知方,よろしくお願い申し上げます。

敬具

  1. 公募人員:特別契約職員(常勤助教)・1名
  2. 所  属 :岡山大学理学部附属臨海実験所
  3. 採用分野:組織形態学/生体制御学
    職務内容:岡山大学理学部附属臨海実験所は,新学術領域研究・学術研究支援基盤形成・先端バイオイメージング支援プラットフォーム(ABiS)・電子顕微鏡支援拠点に認定されています。本公募は,「免疫電子顕微鏡支援(GFP標識,二重標識)」としての活動強化を目指したもので,国内外の大学,研究機関への透過型電子顕微鏡技術の提供/研究指導などの支援事業のコーディネーション,実務を担当して頂きます。当実験所は,教育関係共同利用拠点「多様な生物を用いたグローバル先端実験教育のための共同利用拠点」として文部科学省に認定されており,趣旨の重なるその活動にも関わって頂きます。また,スタッフと協力して,げっ歯類,あるいは水生動物などの生体制御学に関する研究,教育を積極的に推進して頂きます。
  4. 着任時期:平成30年度のできるだけ早い時期
  5. 任期:3年。1年ごとの更新で,平成33年3月31日まで更新可能。
  6. 応募資格:
    (1)博士の学位を有し,上記の職務を担当できる実績を有しており今後の発展が期待できる方。
    (2)実習・研究などで,透過型電子顕微鏡の使用経験があることが望ましい。
  7. 提出書類:
    ① 履歴書(様式1)
    ② 学会及び社会における活動(様式2)
    ③ 教育に関する経歴書(様式3)
    ④ 研究業績概要書(様式4)

    ⑤ 研究業績目録(様式5:論文にはcorresponding authorを記すこと。招待講演,英語による口頭発表,シンポジウム等開催を記しても可。臨床検査技師など,関連する資格があれば特記事項他として記すこと。

    ⑥ 著書,別刷等(主要なもの3編以内,コピー可)
    ⑦ その他審査に必要な書類(形式自由)
    1)着任後の職務に関する抱負(1000字程度)
    2)応募者について問い合せ可能な方3名の連絡先

  8. 応募締切: 平成30年6月4日(月)。但し,適任者が見つかり次第終了しますので,応募の際は事前に確認して下さい。
  9. 応募書類提出先:
    〒701-4303 瀬戸内市牛窓町鹿忍130-17
    岡山大学理学部附属臨海実験所 坂本 浩隆
    郵送の場合は,簡易書留,あるいはそれに準ずる方法とし,表書に「応募書類在中」と朱書き願います。原則として応募書類は返却いたしません。
  10. 問い合せ先:同上
    TEL: 0869-34-5210 FAX: 0869-34-5211
    E-mail: hsakamo@okayama-u.ac.jp
  11. 臨海実験所の概要については,HP(下記)をご覧下さい。
    http://www.science.okayama-u.ac.jp/~rinkai/ushi.htm

注意事項
(1) 応募書類の様式1〜5は次のホームページからダウンロードしてください。
http://www.gnst.okayama-u.ac.jp/other/koubo_index.html
(2) 応募書類は本選考のみに使用し,選考後は返却せずに破棄します。
(3) 選考の過程で面接を行う場合があります。その際の旅費は自己負担とします。
(4) 岡山大学では男女共同参画を推進し,女性教員をサポートしています。
女性の積極的な応募を歓迎します。
(5) 給与は年俸制が適用されます。