第34回(2018) 京都賞記念ワークショップ 先端技術部門
「脳機能への因果的アプローチ―光遺伝学とその先」

弊財団は、「京都賞」という国際賞を運営させていただき、おかげさまで本年で第34回を迎えることとなりました。本年の第34回京都賞先端技術部門は「バイオテクノロジー及びメディカルテクノロジー」の分野で、「光遺伝学の創成と因果関係を証明するシステム神経科学の展開」により、スタンフォード大学のカール・ダイセロス博士に贈られることとなりました。今秋、博士をお招きして授賞式を執り行ないますが、その関連行事として、11月14日(水)に、国内外より最先端の研究者をお招きして記念ワークショップを開催いたします。多数のご参加をお待ちしております。

日時:2018年11月14日(水) 13:30~17:35
場所:東京大学 医学部 鉄門記念講堂 東京大学医学部教育研究棟 14階

プログラム:
企画・司会
尾藤 晴彦 [東京大学 大学院医学系研究科 教授]

  開会前 京都賞の理念メッセージ上映
13:30 開会挨拶・受賞者紹介 尾藤 晴彦
13:40 受賞者講演 カール・ダイセロス [スタンフォード大学生命工学研究科 教授]
[先端技術部門(バイオテクノロジー及びメディカルテクノロジー) 受賞者]
「脳を照らす」
15:00 休憩  
15:15 講演 神取 秀樹 [名古屋工業大学 オプトバイオテクノロジー研究センター センター長・教授]
「ロドプシンの生物物理学」
16:00 講演 ポリーナ・アニキーバ [マサチューセッツ工科大学 准教授]
「電気的、光学的、磁気的な神経インターフェイス」
16:45 講演 ミケル・G・シャピロ [カリフォルニア工科大学 助教]
「非侵襲的な超音波イメージングと細胞機能制御のための音響生体分子」
17:30 閉会挨拶 檜物省一 [稲盛財団 常務理事]
17:35 閉会  

使用言語:英語のみ
参加登録:https://www.kyotoprize.org/registration/advanced_technology/
参加費:無料
お問い合わせ:https://www.kyotoprize.org/contact/

主催:公益財団法人 稲盛財団
共催:東京大学 大学院医学系研究科、東京大学 生命科学技術国際卓越大学院
後援:文部科学省新学術領域研究「脳情報動態」、京都府、京都市、NHK、
協賛:日本神経化学会、日本神経科学学会