新潟大学大学院医歯学総合研究科
分子生理学分野
博士研究員(特任助教)の募集

[機関の説明(募集の背景、機関の詳細、プロジェクトの説明等)]

新潟大学大学院医歯学総合研究科 分子生理学分野(日比野 浩 研究室)では、分子生物学・電気生理学・計算科学的手法を駆使して、聴覚の末梢器官である内耳蝸牛の機能を分子レベルから臓器機能まで総合的に解明することを目指している教室です。
教室HP: http://www.med.niigata-u.ac.jp/ph2/welcome.html

この度、科学研究費補助金の研究課題に係る研究を行なっていただける1名の博士研究員(特任助教)を募集します。

採用者は、研究室のスタッフと協力した上で、当研究室が有する研究機器を駆使して、内耳蝸牛の機能を担う新たな分子の探索をはじめとした聴覚を支える仕組みの解明に資する研究を行っていただきます。

[業務内容等]
(1)分子生物学的・組織学的手法によるマウス・モルモット内耳の解析
(2)電気生理学的手法(パッチクランプ法、イオン電極法など)によるマウス・モルモット内耳の解析

[勤務地住所等]
〒951-8510新潟市中央区旭町通一番町757 
新潟大学大学院医歯学総合研究科 分子生理学分野

[募集人員]
1名

[着任時期]
平成30年2月頃を着任時期としますが、採用者の希望による時期の変更については考慮します。

[雇用期間]
単年度雇用として年度更新により最大で2021年3月(2020年度末)まで。
ただし、本人の業績と教室の研究費獲得状況により、延長の可能性があります。

[応募資格]
博士号取得の研究者で感覚器機能、特に聴覚に興味がある方。遺伝子改変動物を扱った経験があることが望ましいですが、新しい手法・技術に対する好奇心があれば必須ではありません。

[勤務時間]
フルタイム勤務(裁量労働制,月~金勤務)

[給与]
年俸月額25万~35万円(経歴等により決定)

[手当]
1)通勤手当 月額最大55,000円まで

[休暇]
年次休暇:6月経過後に10日付与

[加入保険]
国家公務員共済組合

[応募方法]
1.履歴書
2.これまでの研究の概要と今後の抱負(A4用紙2ページ程度)
3.研究業績リスト
4.研究費獲得リスト(獲得した経験があれば、記載してください。無くても結構です)
5.照会可能な方の氏名・連絡先(複数名でも可)
上記の書類をE-mailにて下記の連絡先まで送付してください。締め切りは平成30年10月26日(金)の正午です。応募書類は原則として返却いたしません。

[面接予定日]
書類による審査の合格者のみに通知します。

[結果通知]
選考が終了次第、本人宛に通知いたします。

[問い合わせ・書類提出先]
〒951-8510新潟市中央区旭町通一番町757 
新潟大学大学院医歯学総合研究科 分子生理学分野
担当:河村 尚子(秘書)TEL:025-227-2073 FAX:025-227-0460
E-mail: nkawamura@med.niigata-u.ac.jp