• Top page
  • Timetable
  • Per session
  • Per presentation
  • How to
  • Meeting Planner

検索結果一覧

Oral

脳血管障害と虚血 2
Cerebrovascular Disease and Ischemia 2

開催日 2014/9/13
時間 18:10 - 19:10
会場 Room I(311+312)
Chairperson(s) 冨本 秀和 / Hidekazu Tomimoto (三重大学大学院 医学系研究科 神経病態内科学 / Department of Neurology, Mie University, Japan)
阿部 康二 / Koji Abe (岡山大学大学院医歯薬学総合研究科神経病態内科学(神経内科) / Department of Neurology, Okayama University, Japan)

脳梗塞境界領域での超急性期-脳浮腫発生に関する7-T MRIによる解析
Ultra-early analysis of cerebral edema formation in the infarct marginal zone using 7T-MRI in mice

  • O3-I-6-1
  • 中城 有香子 / Yukako Nakajo:1,2 趙 強 / Qiang ZHAO:1,3 圓見 純一郎 / Jun-ichiro ENMI:4 飯田 秀博 / Hidehiro IIDA:4 髙橋 淳 / Jun C. TAKAHASHI:3 柳本 広二 / Hiroji YANAMOTO:1,5 
  • 1:国立循環器病研究センター研究所 疾患分子研究室 / Lab. of Neurol. and Neurosurg., Natl. Cerebral and Cardiovasc. Center, Japan 2:洛和会音羽病院 研究室 / Res. Lab., Rakuwa-kai Otowa Hosp., Kyoto, Japan 3:国立循環器病研究センター 脳神経外科 / Dept. of Neurosurg., Natl. Cerebral and Cardiovasc. Res. Ctr., Suita, Osaka, Japan 4:国立循環器病研究センター研究所 画像診断医学部 / Department of bio-medical imaging, Natl. Cerebral and Cardiovasc. Ctr. Res. Inst., Suita, Osaka, Japan 5:大阪大学大学院 医学系研究科 外科系臨床医学 循環制御医学 / Dept. of Cardiovasc. Science, Div. of Surgical Med., Osaka Univ. Grad. Sch. of Med., Suita, Osaka, Japan 

質量顕微鏡を用いたラット選択的白質障害モデルの解析
Imaging mass spectrometry provides the new insight into white matter injury rat model

  • O3-I-6-2
  • 小野 秀明 / Hideaki Ono:1 今井 英明 / Hideaki Imai:1 早坂 孝宏 / Takahiro Hayasaka:2 宮脇 哲 / Satoru Miyawaki:1 中冨 浩文 / Hirofumi Nakatomi:1 瀬藤 光利 / Mitsutoshi Setou:2 斉藤 延人 / Nobuhito Saito:1 
  • 1:東京大院医脳神経外科 / Dept Neurosurg, Univ of Tokyo, Tokyo, Japan 2:浜松医大医解剖(細胞生物) / Dept Cell Bio Anat, Hamamatsu Univ, Hamamatsu, Japan 

内包出血後の麻痺肢集中使用法による前肢巧緻運動の改善には皮質赤核路が寄与する
Contribution of the cortico-rubral pathway to the recovery of skilled forelimb movements through CIMT after capsular hemorrhage in rats

  • O3-I-6-3
  • 石田 章真 / Akimasa Ishida:1 伊佐 かおる / Kaoru Isa:2 小林 憲太 / Kenta Kobayashi:3 梅田 達也 / Tatsuya Umeda:2 伊佐 正 / Tadashi Isa:2 飛田 秀樹 / Hideki Hida:1 
  • 1:名古屋市立大学大学院 / Nagoya City Univ. Grad. Sch. Med. Sci., Japan 2:自然科学研究機構 生理学研究所 認知行動発達機構 / Dept. Dev. Physiol., Natl. Inst. Physiol. Sci., Okazaki, Japan 3:自然科学研究機構 生理学研究所 ウイルスベクター開発室 / Div. Viral Vector Dev, Natl, Inst. Physiol. Sci., Okazaki, Japan 

内包出血モデルへのメラトニン投与による大脳皮質刺激閾値の低下
Electrophysiological evidence of functional recovery by melatonin treatment in the subcortical hemorrhage model rat

  • O3-I-6-4
  • 上田 佳朋 / Yoshitomo Ueda:1 石田 章真 / Akimasa Ishida:1 三角 吉代 / Sachiyo Misumi:1 鄭 且均 / Cha-Gyun Jung:1 飛田 秀樹 / Hideki Hida: 
  • 1:名古屋市大医脳神経生理学 / Dept Neuro-physiol & Brain Sci, Nagoya City Univ Grad Sch Med Sci, Japan 

Copyright © Neuroscience2014. All Right Reserved.