第28回国際生物学賞受賞記念シンポジウム・特別講演会「Neurogenesis throughout Life」ご案内

国際生物学賞は、昭和60年(1985年)に昭和天皇の御在位60年と長年にわたる生物学の御研究を記念するとともに生物学の奨励を図るため、生物学の研究において世界的に優れた業績を挙げ、世界の学術の進歩に大きな貢献をした研究者に授与することを目的として設けられました。
第28回(平成24年)国際生物学賞は、ジョセフ・アルトマン博士(米国パデュー大学 名誉教授)に授与されることが決定いたしました。

今回の授賞対象分野は「神経生物学」です。アルトマン博士は、1960年代に哺乳類の成体の脳の特定部位で神経細胞(ニューロン)が産生され続けていることを発見されました。
博士の発見は30年後に再確認され、神経科学、幹細胞生物学、精神医学、神経内科学などを融合する医学・生物科学の新たな一分野の礎を築き、生物学全体に大きな進展をもたらしてきました。

アルトマン博士の国際生物学賞受賞を記念いたしまして、国際シンポジウムおよび特別講演会を平成24年11月28日(水)・28日(木)の2日間 独立行政法人理化学研究所 発生・再生科学総合研究センター(神戸)にて開催することとなりましたので、ご案内いたします。
皆さまのご来場を、お待ちしております。

シンポジウム・オーガナイザー:岡本 仁/ 見学 美根子/ 松崎 文雄/ 岡野 栄之/ 竹市 雅俊
主催:独立行政法人 理化学研究所 / 独立行政法人 日本学術振興会

<シンポジウム概要>
【演者】
Gordon Fishell (NYU Langone Medical Center) /Steve Goldman (University of Rochester) / Gerd Kempermann (CRTD and DZNE) / John Parnavelas (University College London) /Derek Van der Kooy (University of Toronto)
井ノ口 馨(富山大学)/ 大隅 典子(東北大学)/ 岡野 栄之(慶応義塾大学)/ 岡本 仁(理化学研究所)/ 影山 龍一郎(京都大学)/ 見学 美根子(京都大学)/ 澤本 和延(名古屋市立大学)/ 石 龍徳(東京医科大学)/ 松崎 文雄(理化学研究所)

【日時】
  平成24年11月28日(水)
   午前10時00分~午後6時00分
   午後6時00分~午後8時00分(レセプション)
  平成24年11月29日(木)
   午前9時30分~午後12時40分
 ※ジョセフ・アルトマン博士 特別講演(同時通訳付き)11月29日(木)午前11時30分~午後12時30分

【会場】
  独立行政法人理化学研究所 発生・再生科学総合研究センター
  C棟1階オーディトリウム(神戸市中央区港島南町2-2-3)
  http://www.cdb.riken.jp/jp/08_contact/0802_directions01.html
【対 象】
  神経細胞の分化、特に成体神経細胞新生の機構や意義に興味のある方々。
  但し特別講演は一般に公開。
【言 語】
  英語(特別講演のみ日本語への同時通訳あり)
【参加費】
  無料 、要事前登録
【詳 細】
  https://v3.apollon.nta.co.jp/biosympo2012/
  こちらのウェブサイトより事前登録をお願いいたします。
  その他プログラム等詳細は上記URLをご覧ください。
【参加登録締め切り】平成24年11月9日(金)
  お申込が定員に達した場合、締切日前でも受付を終了することがありますのでご了承ください。
【問合せ】
  シンポジウム事務局理化学研究所脳科学総合研究センター
  Tel: 048-467-9757 Fax: 048-462-4914
  E-mail: biosympo2012@brain.riken.jp

ポスターはこちら(PDF 861KB)