第8回社会神経科学研究会開催のお知らせ(11月29, 30日・岡崎生理研)

11月29, 30日に生理学研究所(岡崎市)にて第8回社会神経科学研究会を開催致します。基礎から臨床まで社会性に関する幅広いテーマについて気鋭の研究者の方々にご講演いただき、指定討論者の先生方を交えて深く内容を掘り下げていく研究会を目指しております。ご興味のある方は是非ご参加ください。なお事前登録制となっております。

平成30年度生理研研究会「第8回社会神経科学研究会」
『社会神経科学的アプローチによる精神疾患の社会性障害の理解』
日時:平成30年11月29日(木)・30日(金)
場所:自然科学研究機構 生理学研究所(愛知県岡崎市)
参加費:無料(懇親会費別途)
参加申込:〆切 平成30年11月18日(日)事前登録制

研究会ホームページ
http://www.nips.ac.jp/fmritms/kenkyukai/information/2018/09/20181129.html

—- プログラム(予定)—-
11月29日(木)
13:00 – 13:15 オープニング

Session 1
13:15 – 14:15
 「海馬における自己と他者の空間認識」
 藤澤茂義(理化学研究所 脳神経科学研究センター)
14:15 – 14:25 休憩
14:25 – 15:25
 「霊長類脳イメージングによるヒト社会性のなりたちとその障害の理解」
 横山ちひろ(理化学研究所 生命機能科学研究センター)

15:25 – 15:45 休憩・集合写真撮影

Session 2
15:45 – 16:45
 「fNIRSを用いた乳幼児の視聴覚統合の脳内機構とその多様性の検討」
 氏家悠太(中央大学 研究開発機構)
16:45 – 16:55 休憩
16:55 – 17:55
 「神経ダイナミクスと社会性障害」
 北城圭一(自然科学研究機構 生理学研究所)

18:00 – 18:30 全体討論
18:30 – 19:00 ポスターフラッシュトーク
19:00 – 21:00 懇親会・ポスターセッション

11月30日(金)
Session 3
09:30 – 10:30
 「超診断的な症状―脳関係および診断の影響」
 青木悠太(昭和大学 発達障害医療研究所)
10:30 – 10:40 休憩
10:40 – 11:40
 「安静時機能的結合による自閉スペクトラム症の神経基盤理解と臨床応用の展望」
 八幡憲明(量子科学技術研究開発機構 放射線医学総合研究所)

11:40 – 12:10 全体討論
12:10 – 12:25 クロージング

※ 本研究会では一般演題(ポスター発表)も募集しております。詳細はホームページを御覧ください。

お問い合わせ先:生理研事務局 pps-kenkyukai [at] nips.ac.jp