【システム神経科学スプリングスクール(SNSS)2019 開催のお知らせ】

 「システム神経科学」は、脳・神経系の全体像を分子から行動に至るまでマルチスケールシステムとして理解する研究分野です。 本スクールでは、この分野の国際的な研究者を招聘し、最先端の研究を講演頂きます。 神経科学における数理モデル研究、分子生物学・神経科学における基礎生物学研究、 およびナノテクノロジーなどの計測技術研究等を融合した最新の知見が得られるスクールです。

 本年度は、Statics and Dynamics of Neural Systems と題して、脳の大規模解剖学から最新の多電極記録を用いた新しい行動実験、それらの理論的背景まで、各方面の第一人者の先生方にご講演をお願いいたしました。例年、大変活発な議論が行われる有意義な若手向けスクールとなっております。講演は英語にて行いますが、開催日前日には、日本語での自由参加の予習会を行います。また、参加者には自己紹介のために簡単なポスター発表をお願いする予定です。

—o—o—o—o—o—o—o—o—o—o—o—o—o—o—o—

【日時】2019年3月10日(日)~3月13日(水)、ただし3月10日は参加者のみの予習会

【場所】コープイン京都 (京都市中京区)

【主催】
日本神経回路学会
新学術領域「脳情報動態を規定する多領野関連と並列処理」
AMED委託研究「革新的技術による脳機能ネットワークの全容解明プロジェクト」

【応募締切】 2019年2月20日(木)

【講師】(アルファベット順)
Kenneth Harris, Ph.D. UCL Queen Square Institute of Neurology
Michael Hawrylycz, Ph.D. Allen Institute for Brain Science
Valentin Nägerl, Ph.D. University of Bordeaux
南部 篤, M.D, Ph.D. 生理学研究所
Sang Wan Lee, Ph.D. KAIST
山森 哲雄, Ph.D. 理化学研究所 脳神経科学研究センター

【ホームページ】 http://ishiilab.jp/SNSS/SNSS2019/jp/
- 随時更新致します
- 応募方法などの詳細はホームページでご確認ください

【連絡先】 snss2019@sys.i.kyoto-u.ac.jp

【プログラムコミッティ】
中江 健   京都大学
浦久保 秀俊 京都大学
東 広志   京都大学
田中 康裕  東京大学
島崎 秀昭  京都大学

【主催者】
石井 信 京都大学


[Announcement of the Systems Neuroscience Spring School 2019]

Systems Neuroscience is a field of science that seeks to understand the architecture of the nervous system at multiple scales ranging from molecular level through behavioural level. SNSS2019 will provide chances to learn the frontiers of the systems neurobiology from six world’s leading scientists with masteries in wide variety of subjects, including mathematical modelling, fundamental biology, and nano-technology based measurement and instrumentation techniques.

This year’s theme is “Statics and Dynamics of Neural Systems”, and the conference features exciting talks with particular focus on the large-scale anatomy of the brain, behavioral experiments using latest multi-electrode recording techniques, and their theoretical backgrounds. The school is particularly intended for young scientists, and there will be active discussions throughout the session. Participants are encouraged to prepare a poster presentation to introduce their research to the community.

—o—o—o—o—o—o—o—o—o—o—o—o—o—o—o—

[Date] March 10 (Sun) – 13 (Wed), 2019. The preliminary seminar at March 10 is only for students.

[Place] Coop-in Kyoto (Kyoto, Japan)

[Sponsors]
Japanese Neural Network Society
Grant-in-Aid for Scientific Research on Innovative Areas “Brain information dynamics underlying multi-area interconnectivity and parallel processing”
Japan Agency for Medical Research and Development “Brain Mapping by Integrated Neurotechnologies for Disease Studies”

[Registration Deadline] February 20th, 2019

[Lecturer] (alphabetical order)
Kenneth Harris, Ph.D. UCL Queen Square Institute of Neurology
Michael Hawrylycz, Ph.D. Allen Institute for Brain Science
Valentin Nägerl, Ph.D. University of Bordeaux
Atsushi Nambu, M.D, Ph.D. National Institute for Physiological Sciences
Sang Wan Lee, Ph.D. KAIST
Tetsuo Yamamori, Ph.D. RIKEN Center for Brain Science

[Homepage] http://ishiilab.jp/SNSS/SNSS2019/
- Please confirm the details of the application.

[Contact information] snss2019@sys.i.kyoto-u.ac.jp

[Program committees]
Ken Nakae, Kyoto University
Hidetoshi Urakubo, Kyoto University
Hiroshi Higashi, Kyoto University
Yasuhiro Tanaka, Tokyo University
Hideaki Shimazaki, Kyoto University

[Director]
Shin Ishii, Kyoto University