世界トップレベル研究拠点プログラム(WPI)金沢大学ナノ生命科学研究所(NanoLSI)
「3rd NanoLSI Symposium at UBC in Vancouver –Supramolecular Chemistry and Nanoprobes in Life Sciences–」のご案内

 金沢大学ナノ生命科学研究所は,ナノ計測学,生命科学,超分子化学,数理計算科学の4分野の融合により,生命の誕生,老化,疾患などのさまざまな生命現象をナノレベルで根本的に理解することを目指しています。
 2018年11月にロンドンで開催した第2回国際シンポジウムに続いて,第3回目の開催となる今回は,The University of British Columbia (UBC)との連携を強化し,北米の研究者との新たな協力関係を構築することを目的として,バンクーバーでシンポジウムを開催いたします。
 皆様のご参加を心よりお待ちしております。

  • 日  時:2019年8月8日(木)
  • 開催場所:Chemistry (CHEM) – D300
    Department of Chemistry,
    The University of British Columbia (UBC)
    2036 Main Mall, Vancouver, BC V6T 1Z1

  • 言  語:英語
  • 受  付:https://nanolsi.kanazawa-u.ac.jp/en/3rd-sympo/【申込締切:7月26日】
    ※シンポジウムへのご参加は無料ですが,終了後の懇親会は会費(70カナダドル)を申し受けます。会費は当日,受付に現金でお支払いください。クレジットカードはご利用いただけませんのでご了承ください。
  • 講演者(アルファベット順)
    Russ Algar (The University of British Columbia)
    Amy Blum (McGill University)
    Sarah Burke (The University of British Columbia)
    Ratmir Derda (University of Alberta)
    Ramesh Jasti (University of Oregon)
    Wendell Lim (University of California, San Francisco)
    David Perrin (The University of British Columbia)
  • ナノ生命科学研究所講演者 (アルファベット順):
    Shigehisa Akine (NanoLSI)
    Satoshi Arai (NanoLSI)
    Hisashi Asakawa (NanoLSI)
    Takeshi Fukuma (NanoLSI)
    Noriyuki Kodera (NanoLSI)
    Kunio Matsumoto (NanoLSI)
    Satoru Okuda (NanoLSI)
    Yasufumi Takahashi (NanoLSI)
    Satoshi Toda (University of California, San Francisco/NanoLSI)
  • その他
    ・ご参加に際しての交通手段や宿泊,ビザ等につきましては,参加者各自でお手配及びご負担をお願いいたします。
  • 主催・共催等
    主   催:金沢大学ナノ生命科学研究所(NanoLSI)
    共   催:ブリティッシュコロンビア大学(UBC)
    金沢大学がん進展制御研究所
    金沢大学新学術創成研究機構
    後   援:日本学術振興会サンフランシスコ研究連絡センター 
  • 問い合わせ先
    金沢大学ナノ生命科学研究所(NanoLSI)事務室
    E-mail:nanolsi-office@adm.kanazawa-u.ac.jp
    電話: 076-234-4555

Poster