生理学研究所 システム脳科学研究領域認知行動発達機構研究部門 特任助教の公募について

大学共同利用機関法人自然科学研究機構生理学研究所
システム脳科学研究領域認知行動発達機構研究部門
特任助教の公募について

大学共同利用機関法人自然科学研究機構生理学研究所では、下記の要領で特任助教を公募します。
ついては、適任者の推薦や希望者への周知をよろしくお願いします。

  1. 職種及び人数: 特任助教 1名
    所属: 認知行動発達機構研究部門
  2. 研究分野
    認知行動発達機構研究部門では、霊長類動物を用いて、高次脳機能、とくに社会的認知機能のシステム的理解をめざす研究をおこなっています。本公募では、動物行動学、電気生理学、神経解剖学、ウイルスベクターを用いた神経路選択的操作、脳イメージング(fMRI)、情報理論等を駆使して高次脳機能の神経機構の解明を積極的に推進していただける方を求めます。
  3. 応募資格
    博士の学位を有するか、それに相当する研究業績を有する者。
  4. 任期
    年度毎の更新で、最長5年。
  5. 提出書類
    • (1)履歴書(別添様式)
    • (2)論文リスト(全著者名、論文題目、雑誌名、巻数ページ(始めと終わりのページ)、発行年を記入すること。原著論文、総説、著書等を分けて記入すること。査読の有無を明記すること。印刷中の論文は含めるが、投稿中や準備中の論文は含めないこと。)
    • (3)これまでの研究概要、志望動機、及び今後の抱負(3,000字以内)
    • (4)主要論文の別刷(3編以内、各2部、コピー可)
    • (5)推薦書(1通以上、別添様式)、照会先(1件以上)

    *履歴書及び推薦書の様式は下記URLからダウンロードできます。
     https://www.nips.ac.jp/recruit/index.html
    *原則として提出書類は返却しません。

  6. 公募締切
    2019年11月5日(火)必着
  7. 着任時期
    2020年4月1日(応相談)
  8. その他
    • (1)男女共同参画
      • ① 生理学研究所は男女共同参画の推進に取り組んでいます。
      • ② 生理学研究所は業績の評価において同等と認められた場合には、女性を積極的に採用します。
      • ③ 産前産後休暇・育児休業又は介護休業を取得した場合は、履歴書等にその期間を明記していただければ、それを考慮します。
    • (2)個人情報の取扱い
      応募に係る個人情報は個人情報保護法及び本機構規定に基づいて適切に管理し、選考及び採用の目的以外には使用しません。
  9. 応募書類送付先及び問い合わせ先
    • (1)応募書類送付先
      〒444-8585 愛知県岡崎市明大寺町字西郷中38番地
      大学共同利用機関法人自然科学研究機構
      岡崎統合事務センター総務部総務課人事係
      (「生理学研究所認知行動発達機構研究部門特任助教公募書類在中」と朱書きして、簡易書留で送付すること。)
    • (2)問い合わせ先
      • ① 給与等処遇に関すること
        〒444-8585 愛知県岡崎市明大寺町字西郷中38番地
        大学共同利用機関法人自然科学研究機構
        岡崎統合事務センター総務部総務課人事係
        電話:0564-55-7113
        E-mail: r7113 @ orion.ac.jp(@の前後の空白を削除して下さい)
      • ② 研究内容に関すること
        認知行動発達機構研究部門教授 磯田昌岐
        E-mail: isodam @ nips.ac.jp(@の前後の空白を削除して下さい)
        生理学研究所ホームページ: http://www.nips.ac.jp