NSIワークショップ2019
~Neural mechanisms underlying Behavior~

神経メカニズム、行動をトピックに名古屋大学大学院理学研究科附属ニューロサイエンス研究センター主催のワークショップを行います。
単一神経細胞レベルの細胞機構と行動制御の関係、数理理論、 進化などをトピックとして国内外から第一線の研究者に講演していただきます。
一日目終了後に会場で懇親会もございますので、リラックスした雰囲気で密に議論ができると思います。
みなさまのご参加をお待ちしております。

日時:2019年11月12日(火)13日(水)
場所:名古屋大学 東山キャンパス 理学南館1Fセミナー室
事前登録:不要
参加費:無料
お問合せ先:braincircuit@bio.nagoya-u.ac.jp (NSI事務局)

プログラム
11月12日
13:40 Eviatar Yemini from Columbia University
“NeuroPAL: A Neuronal Polychromatic Atlas of Landmarks for Whole- Brain Imaging in C. elegans”
14:25 Alon Zaslaver from Hebrew University of Jerusalem
“Calculating derivatives yet behaving irrationally – lessons from worms”
15:30 Asuka Takeishi from RIKEN
“Neural Communication that Mediates Starvation-dependent Thermotaxis Plasticity in C. elegans”
16:00 Naoki Honda from Kyoto University
“Identification of animal behavioral and learning principles by inverse reinforcement learning”
16:30 Shunji Nakano from Nagoya University
“Valence coding of thermal stimulus by bidirectional activity of a single interneuron in C. elegans”

11月13日
9:00 Olena Riabinina from Durham University
“Genetic tools to study anatomy and function of mosquito olfactory system”
9:55 Thomas Auer from University of Lausanne
“The making of an olfactory specialist”
11:00 Matthew Paul Su from Nagoya University
“Sex and species-specific differences in mosquito hearing mechanisms”
11:30 Takashi Matsuo from the University of Tokyo
“Drosophila prolongata as a model species of sexual selection studies”
12:00 Ryoya Tanaka from Nagoya University
“The neural mechanisms for species-specific courtship behavior in Drosophila subobscura”

詳細はニューロサイエンス研究センターのホームページをご覧ください。
https://nsi.bio.nagoya-u.ac.jp/jp/events/#events-25