富山大学和漢医薬学総合研究所 助教(神経機能学領域)候補者公募

富山大学和漢医薬学総合研究所 助教(神経機能学領域)候補者の公募について

1 募集人員  助教1名(任期5年,再任可)

2 所  属  学術研究部薬学・和漢系(和漢医薬学総合研究所)

3 研究領域
 本研究所では,高齢者疾患対策,未病・予防先制医療研究及び資源開発研究を推進しています。当領域は,高齢者疾患を中心とした病態への和漢薬研究を,新たな治療戦略開発につなげるため,基礎研究から臨床研究,そして社会実装までの広い分野について研究しています。
 具体的には,和漢薬や薬用植物の活用に向けた病態モデルでの薬効解析,治療戦略研究,病態に関わる生体での代謝経路や代謝産物の解析,トランスレーショナルリサーチの推進を展開し,その研究を社会実装にまでつなげることを目指しています。

4 応募資格

(1)博士の学位を有する者

(2)大学院修士課程及び博士課程における教育・実験指導等が担当できること。

(3)神経変性疾患の治療戦略の構築に強い興味があり,かつ新しい研究領域の開拓にも積極的に挑戦する者。

(4)神経科学,薬理学,生化学,分子生物学,生理学,動物行動学のいずれかの研究実績が十分あること。

(5)科学研究費補助金等外部資金の獲得に意欲があること。

(6)地域貢献活動等,全学的活動に積極的に寄与できること。

(7)英語で講義ができることが望ましい。

5 採用日(予定)
令和2年10月1日以降できるだけ早い時期

6 提出書類
 応募者は,以下の項目を記載した書類を提出してください。
(1)履歴書(様式自由)
(2)研究業績目録(原著・著書・学会発表など項目別,年代順に記載)
(3)主要論文別刷り3編以内(コピー可)
(4)上記論文についてそれぞれ500字程度の解説文
(5)競争的研究経費等の採択状況(代表・分担を明記)
(6)これまでの研究内容・方向性,将来への抱負(2000字程度)

7 応募期限   令和2年7月31日(金)17時必着

8 研究内容に関する問い合わせ先
神経機能学領域 教授 東田 千尋
E-mail: chihiro@inm.u-toyama.ac.jp

9 書類送付先  〒930-0194
富山市杉谷2630番地
国立大学法人富山大学
和漢医薬学総合研究所長 小松 かつ子 宛

10 待遇等
労働条件については,本学職員就業規則によることとします。
給与は,学歴・職務経験等を考慮して決定されます。
本学では,令和2年4月1日から新年俸制(退職時に退職手当を支給する年俸制)を導入し,本公募による採用の際にも,この新年俸制を適用する予定です。
なお,詳細につきましては,関係規則等が整備された段階で,情報提供を行います。

11 その他

(1)応募は原則として郵送(書留)とし,封筒の表に「和漢医薬学総合研究所助教(神経機能学領域)応募書類在中」と朱書してください。

(2)講演・面接をお願いすることがありますが,その際の旅費等は自己負担でお願いします。

(3)提出していただいた書類に含まれる個人情報は,今回の選考以外の目的には使用しません。なお,応募書類については,原則として返却いたしませんのでご承知おきください。

(4)本件に関する照会先
①公募内容について
富山大学医薬系事務部 研究協力課
電話(076) 434-7684
FAX (076) 434-4656
E-mail kenkyo@adm.u-toyama.ac.jp
② 給与等について
富山大学 総務部 人事課
電話 (076) 445-6524

○ 「男女雇用機会均等法」第8条(女性労働者に係る措置に関する特例)の規
定により,女性教員の割合が相当程度少ない現状を積極的に改善するための
措置として,業績及び資格等の評価が同等である場合は女性を採用します。
(男性の応募を妨げるものではありません。)

○ 今回の公募は,本学の研究力向上,学問分野の継承および新しい視点の確保のため,若手教員の雇用を促進するものです。若手研究者の積極的な応募を求めます。

○ 富山大学では男女共同参画を推進し,女性研究者の積極的な応募を歓迎します。文部科学省平成27年度科学技術人材育成費補助事業「ダイバーシティ研究環境実現イニシアティブ(特色型)」の採択を受けて,出産・子育て・介護などのライフイベントのため,研究を中断した女性研究者の支援や,国際的視野に富む女性研究者の育成に取り組んでいます。
〔富山大学男女共同参画推進室〕http://www3.u-toyama.ac.jp/danjo/