[公募情報] 研究員・教職員募集

沖縄科学技術大学院大学
知覚と行動の神経科学ユニット 研究員募集

沖縄科学技術大学院大学(OIST)は、科学技術に関する教育研究の新しいモデルとなることを目指し、2011年に創設された大学院大学です。沖縄の美しい自然に囲まれたキャンパスには、世界中から最優秀の学生が集い、国際的にもトップクラスの教授陣から懇切な指導を受けながら、最先端の施設で各々の研究に取り組んでいます。OISTが特に重視するのは学際的なアプローチです。創造力が培われ、研究者同士の交流が促される環境を創出し、個々の学生に合わせたユニークな博士課程プログラムを提供しています。OISTは単一の研究科・専攻のみを設け、分野の壁がなく、世界各国から教員や学生が集まる国際色豊かな大学です。現在、神経科学、分子科学、数学・計算科学、環境・生態学、物理科学の分野を中心に、国内外の優れた頭脳が沖縄に集結しています。ここ沖縄の地から世界に向けて、これまでにない新しいサイエンス、そして教育の在り方を発信していきます。

職種:
知覚と行動の神経科学ユニット(福永泉美准教授)において、1名のポスドク募集。

勤務地:沖縄県恩納村字谷茶1919-1
OISTキャンパス

職務内容:
知覚と行動の神経科学ユニット(https://groups.oist.jp/ja/sbn)では、げっ歯類の脳における嗅覚処理を研究する意欲的な神経科学分野の研究員を募集しています。嗅覚系の神経回路機能と嗅覚行動に関わる研究プロジェクトのポジションで、興味やスキルに応じて、電気生理学やオプトジェネティクス、頭部固定行動実験、2光子顕微鏡/in vivo光イメージングを組み合わせて実験を行います。

応募資格:

  1. 博士号または神経生物学、生物物理学、または他の関連分野で同等のもの。
  2. 電気生理学やin vivoでの脳機能イメージングの経験がある方は奮ってご応募ください。
  3. MATLABおよびLabVIEW、またはいずれかでプログラミングできることが望ましいですが、必須ではありません。
  4. 独創的で優れた問題解決能力と、独立しながらもチームの一員として協調性をもって取り組める方。

レポート先:
知覚と行動の神経科学ユニット
准教授 福永泉美
https://groups.oist.jp/ja/sbn

任期:
常勤、3ヶ月の試用期間を含む2年または3年の任期制雇用。

勤務時間:
9:00-17:30(裁量制)

給与:
本学園の規程に基づき博士号取得後の経験年数に応じて年俸額を決定します。
博士号取得後0年なら本給440万程度。

待遇:
- 赴任手当、住宅手当、通勤手当
- 年次有給休暇、夏季休暇、
- 私学共済 (http://www.shigakukyosai.jp/

提出書類:
・ カバレター(英文、可能あれば和文も)
・ 履歴書及び職務経歴書(英文、可能あれば和文も)
・ 照会先2名の氏名・連絡先(内一名は前職の上長であること)
※ 採用情報を最初にどこでご覧になったか記載してください。

提出締切日:
定員に達し次第終了。適任者を決定するまで継続します。

採用予定日:
令和2年10月1日(応相談)

書類送付先:
下記電子メールアドレス宛送信すること
izumi.fukunaga#oist.jp
(メール送信の際は#を@に置き換えて下さい)

  • * 沖縄科学技術大学院大学(OIST)では、ポジティブ・アクション(積極的改善措置)を採用しており、教員、学生及び職員の多様性を尊重しています。女性及びマイノリティの方々からの応募を歓迎いたします。
  • * 応募書類は機密情報扱いとし、応募書類は返却されません。応募者には必ず選考結果を通知いたします。
  • * 兼業に関しましては本学園の方針をご確認ください。
    https://groups.oist.jp/ja/acd/information-disclosure/
  • * 詳細は本学園のホームページ参照(http://www.oist.jp/

PAGE TOP