伊藤 正男(名誉会長)

伊藤正男先生(初代日本神経科学学会会長)が平成30年12月18日に90歳で逝去されました。伊藤先生は小脳の回路機能について多くの独創的な発見をされました。また、伊藤先生は、国内外の脳科学、さらには学術全般の発展にも多大な貢献をされました。1974年、神経科学学会の前身である日本神経科学協会の創設に中心的な役割を果たされ、その後83年まで同協会の庶務理事、そして83年から91年に日本神経科学学会に組織が変更になるまで会長、その後98年まで新しくできた日本神経科学学会の会長を務められました。そして東京大学医学部生理学教室教授、同医学部長、日本学術会議会長を歴任されるとともに、理化学研究所脳科学総合研究センターの創設に関わられ、同初代センター長。さらにHuman Frontier Science Programの創設も牽引されました。
ここに先生の生前の多大なご功績に深謝し、心より哀悼の意を表します。

日本神経科学学会